作者別: w.sanbongi


令和2年度(2020年)愛知県公立高校入試問題Bグループ 考察


令和2年度(2020年)愛知県公立高校入試問題Bグループ 考察

 

国語

例年と同じ出題パターンで大問4は古文でした。Aグループが漢文、Bグループが古文とよくあるパターンの出題のされ方でした。

現代文のジャンルは、両方とも説明文でした。

要約問題は70字~80字、Aグループの四字熟語に代わって慣用句が出題されました。昨年はどちらも出題されていません。

新しく英語の会話文でよく出る、文章の並べ替えのパターンの国語バージョンのような問題が、出題されています。

数学

今年のAグループ、また例年と全く同じ出題のされ方で、配点も同じ、大問1が9点 大問2が8点 大問3が5点でした。

社会

例年同様、大問1.2が歴史、大問3が日本地理、大問4が世界地理、大問5.6が公民でした。

ただ例年より凝った問題の出題方法だったように感じます。

過去主流だった図の書きこみ問題は今回もなく、歴史で15~20字の短い記述が出題されました。

語句を書く問題は「過疎」「間接金融」「主権」でした。Aグループ、また昨年同様歴史語句を問う問題がありませんでした。

理科

例年通り、大問1がジャンル問わずで2問、大問2が生物で4問、大問3が化学で4問、大問4が物理で4問、大問5が地学で4問です。

最後に、大問6がジャンル問わずで2問の計20問になります。

生物は動物、化学は電気分解、物理は電流、地学は火山・地層・地震でした。

Aグループ同様記述問題は出題されず、語句を問う問題が出題されました。

英語

出題形式は昨年、今年のAグループと同じです。リスニングも例年通りです。

並べかえに日本語がない状況も変わりありませんでした。

長文の内容一致をすべて選ぶ問題は、2つが正解でした。

 

スポンサーリンク


 

 

 

令和2年度(2020年)愛知県公立高校入試問題Aグループ 考察


令和2年度(2020年)愛知県公立高校入試問題Aグループ 考察

 

国語

昨年と同じ出題パターンで大問4は漢文でした。よってBグループは古文が出題されると思います。

現代文は、小説文が出題されなかったので、Bグループで出題されるかもしれませんが、出ないことも最近は多いです。

要約問題は80字~90字とやや長めでした。古文はすべて記号問題でした。昨年はなかった四字熟語が出題されました。

数学

例年と全く同じ出題のされ方で、配点も同じ、大問1が9点 大問2が8点 大問3が5点でした。

大問2の(4)でグラフを書く問題も、例年通りです。

社会

例年同様、大問1.2が歴史、大問3が日本地理、大問4が世界地理、大問5.6が公民でした。

配点は地理が8点で一番多い歴史8点分、地理7点分、公民7点分の振り分けではありませんでした。

今回は短い記述ではなく、書き抜き問題という新しい出題方法でした。

かつて主流だった図の書きこみ問題は、今回も出題されていません。

語句を書く問題は「最高裁判所」でした。昨年同様、歴史で語句を答える問題がありませんでした。

理科

例年通り、大問1がジャンル問わずで2問、大問2が生物で4問、大問3が化学で4問、大問4が物理で4問、大問5が地学で4問です。

最後に、大問6がジャンル問わずで2問の計20問になります。

生物は動物、化学は酸化と還元、物理は圧力、地学は天気でした。

Bグループでは、各ジャンルこれ以外の単元から問われる可能性が高いです(理科のジャンル分けはこちら)。

英語

出題形式は例年と同じです。リスニングも例年同様、すべて選択問題でした。

並べかえに日本語がない状況も変わりありません。

大問5の会話文の並べ替えが、文頭の連続した文の並べかえではなく、昨年、一昨年同様文章全体へのあてはめでした。

長文の内容一致をすべて選ぶ問題は、3つ選ぶのが正解でした。

6個からの選択なので、2~3個選ぶ可能性が高いように思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加