カテゴリー: 歴史で太字ではないけど知っておきたい用語


『解体新書』をわかりやすくー前野良沢・杉田玄白・ターヘル・アナトミア


解体新書

 

かいたいしんしょ

江戸時代

1774年刊

 

解体新書』とは、ドイツ人医師クルムスが書いた『解剖図譜』のオランダ語訳『ターヘル=アナトミア』を翻訳したものです。

医学書としての功績だけでなく、日本最初の本格的翻訳書としても価値のあるものでした。

罪人の解剖を見学した前野良沢杉田玄白が、『ターヘル=アナトミア』の正確さを目の当たりにしたのが始まりです。

なおこのとき杉田玄白はオランダ語が読めず、前野良沢が少しのオランダ語の知識がある程度から、翻訳が始まりました。

挿絵(さしえ)はエレキテルで知られる平賀源内の紹介により、秋田藩の武士で画家の小田野直武が描いています。

 

『解体新書』と言うと、その後『蘭学事始』で『解体新書』の翻訳について書いた杉田玄白のイメージが強いかもしれません。

ただ実際の翻訳の中心は多少のオランダ語の知識もあったことから、前野良沢によって行われたと考えられています。

しかし前野良沢は『解体新書』の翻訳の精度に納得できず、著者の名前の中に自らの名前を入れませんでした。

よって『解体新書』が世に出た時は、前野良沢が翻訳に関わっていたという事実は知られていませんでした。

 

翻訳の際に使われた「神経」「動脈」「十二指腸」などの言葉は現在でも使われています。

また前野良沢・杉田玄白の弟子である大槻玄沢(おおつきげんたく)は、江戸で芝蘭堂(しらんどう)という塾を開いています。

他にも蘭学の入門書『蘭学階悌(らんがくかいてい』を書いたり、新元会(オランダ正月)を開催したことでも知られています。

ちなみに玄沢という名前は、杉田玄白・前野良沢の名前から一次ずつ取ったとされています。

さらにその弟子には、最初の蘭日辞書『ハルマ和解』を作った稲村三伯(いなむらさんぱく)がいます。

 

このように『解体新書』は、のちの医学・蘭学の発展に大きな影響を与えた作品となりました。

上記に書いたことは2018年のNHK正月時代劇でドラマ化もされています。

ここに書いた人物だけでなく、他に田沼の政治で知られる当時の老中・田沼意次(おきつぐ)も登場します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

江戸時代1ー歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい用語


江戸時代1

江戸時代1ー歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい用語

 

※青字はクリックすると、別ページに詳しい説明があります。

 

 

 

親藩    徳川一門の大名。最高位は尾張家・紀伊家・水戸家で御三家と呼ばれた。

譜代大名  関ヶ原の戦い以前から徳川氏に従っていた大名。石高は少ないが、要職につける。最大は井伊氏の彦根藩。

外様大名  関ヶ原の戦い以後、徳川氏に従った大名。石高は大きいが、要職にはつけず。最大は前田氏の加賀藩。

老中    常置の職では幕府の最高職(大老が最高職だが非常時のみ設置)。当初は、年寄といった。月番制(1か月交代)。

禁中並公家諸法度 幕府が出した朝廷・公家の統制法。金地院崇伝(こんちいんすうでん)が起草。

五人組   5戸1組を基準とし、五人組帳に記載。年貢の連帯責任、犯罪防止を目的とした。

禁教令   キリスト教禁止令。2代将軍・徳川秀忠のときに出され、3代将軍・徳川家光はこれをさらに強化する。

絵踏    キリシタンを検出するため、聖画像やキリスト・マリア像を踏ませる行為。像は踏絵と呼ばれる。

宗門改   信仰を調査すること。キリスト教の禁止を徹底するため、帳簿(宗門改帳)をつくった。のちに戸籍の役割も。

対馬藩   長崎県・対馬を治めていた藩。朝鮮通信使を迎えるなど、日朝外交の大事な役割を果たす。

薩摩藩   初代藩主・島津家久は琉球を征服、徳川将軍の代替わりごとに、薩摩藩が監督のもと、琉球使節が送られた。

松前藩   蝦夷地南岸にいた蠣崎氏が、徳川家康より、蝦夷地支配を認められ、松前氏を名乗る。

備中ぐわ  田んぼをおこしたり、耕す際に使用するくわ。刃の部分が、3~4本にわかれている。

千歯こき  脱穀に使う道具。それまで使用されていたこき箸に代わり使用されるようになり、能率は倍増した。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加