カテゴリー: 愛知県高校入試で知っておきたい知識


戦国時代―歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい用語


戦国時代

戦国時代(安土桃山時代)ー歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい用語

 

※青字はクリックすると、別ページに詳しい説明があります。

 

 

 

三角貿易    ヨーロッパから武器・雑貨をアフリカへ運んで奴隷と交換、アメリカ大陸に送り、銀・砂糖にする貿易

東インド会社  オランダが設立。香辛料貿易を独占し、日本とも貿易をするなど貿易・金融の中心となる。イギリスもある。

キリシタン大名 キリスト教に入信した大名。南蛮貿易を行う。九州・近畿地方に多い。大友宗麟、大村純忠、有馬晴信など。

桶狭間の戦い  尾張の大名・織田信長が駿河を中心とする大大名・今川義元を急襲して、勝利した戦い。

長篠の戦い   織田信長・徳川家康連合軍が武田信玄の子・武田勝頼軍を足軽鉄砲隊によって、大敗させた戦い。

安土城     織田信長が近江に築いた城で、織田信長の居城。最初の近世的城郭。本能寺の変により焼失する。

本能寺     織田信長の部将・明智光秀が織田信長を襲って殺害した京都の寺。

島津氏     薩摩の守護大名。島津貴久が戦国大名としての地位を確立。その子・島津義久は豊臣秀吉にしたがった。

北条氏     後北条氏・小田原北条氏とも。北条氏康のときが全盛期。その子・北条氏政は秀吉の小田原攻めにより切腹。

大阪城     豊臣秀吉が築城。豊臣家の居城として、難攻不落の名城といわれたが、大阪の陣で落城。徳川氏が再築。

バテレン追放令  豊臣秀吉が九州平定後、キリスト教を邪法とし、宣教師の国外退去を命じたもの。ただし南蛮貿易は奨励。

文禄の役    中国の明を征服するため、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した最初の戦い。最初優位に進んだが膠着し、講和している。

慶長の役    文禄の役の和平交渉決裂により、秀吉が再度朝鮮に出兵した戦い。日本軍苦戦の中、秀吉の死により撤退。

かぶき踊り   出雲の阿国という巫女が始めたとされる、能狂言や念仏踊りを取り入れた踊り。のちに女歌舞伎へ発展。

活版印刷術   イエズス会の宣教師によって伝えられ、聖書、『平家物語』、『伊曽保物語』がローマ字で印刷された。

 

スポンサーリンク

 

 

 

室町時代ー歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい用語


室町時代

室町時代ー歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい用語

 

※青字はクリックすると、別ページに詳しい説明があります。

 

 

 

北朝   南北朝時代の北の朝廷。足利尊氏が光明天皇を擁立して京都につくる。持明院統。後小松天皇のとき合体。   

南朝   南北朝時代の南の朝廷。後醍醐天皇が吉野に移して北朝と対立した。大覚寺統。北畠親房が有名。

花の御所 足利義満が京都の室町に建てた御所。室町殿とも言う。京都の象徴となる。室町幕府の由来。

侍所   御家人の統率、京都の警備・刑事訴訟を担当。長官は所司といい管領に次ぐ重要職。有力な守護が任命された。

鎌倉府  室町幕府の地方機関で、関東8か国と伊豆・甲斐の支配をした。のちに陸奥・出羽も管轄下に置いている。

鎌倉公方 鎌倉府の長官。足利氏の一族が担当。のち将軍と対立し、独立した力を持った。

漢民族  モンゴル民族の国・元を中国から追い出し、明を建国した民族。

ハングル 朝鮮国で作られた朝鮮文字。訓民正音(くんみんせいおん)ともいう。合計28字(現在は25字)。

尚氏   琉球王国の王家。琉球王国は3王国に分かれていたが、中山王・尚巴志が3王国を統一した。

首里   琉球王国の首都で、首里城がある。ずっと琉球の中心だったが、琉球処分による沖縄県設置で、那覇に中心が移る。

中継貿易 琉球王国が行った日本・中国・朝鮮・東南アジアに琉球船を送り、産物をやり取りした貿易。

馬借   馬による輸送業者。農民・商人の兼業も多かった。大津・坂本など交通の要地で発達する。

問    年貢の保管・輸送にあたった倉庫業者。鎌倉時代は問丸(といまる)とも言い、室町時代に問屋(といや)へ発展。

土倉   鎌倉・室町時代の金融業者。土の蔵に質を保管したことが由来。借金帳消しのための一揆の襲撃対象となる。

酒屋   鎌倉・室町時代の酒造業者。金融業者として土倉を兼ねるところも多かった。

町衆   土倉・酒屋を中心とする裕福な商工業者。町の決まりを貞寝て、祇園祭などの行事を運営。

細川氏  室町幕府の管領家。応仁の乱の東軍。総大将は細川勝元。将軍の後継者に足利義政の弟・足利義視を推す。

山名氏  室町幕府の有力大名。応仁の乱の西軍。総大将は山名持豊。将軍の後継者に足利義政の子・足利義尚を推す。

茶の湯  茶道のこと。茶を飲むことが流行り、茶の湯の精神・方法が成立した。茶の産地を当てる闘茶が流行った。

連歌   和歌の上の句と下の句を次々によむこと。北朝の摂政関白の二条良基(よしもと)がその方式と地位を確立。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加