カテゴリー: 高校卒業後就職を目指す職業


診療放射線技師に中学生がなるには


診療放射線技師

 

放射線を用いて、検査や治療を行う仕事です。

レントゲン検査がよく知られています。

 

 

診療放射線技師になるには、国家資格が必要です。

また受験資格を得るためには、国の指定した大学で4年、もしくは専門学校で3年学ぶ必要があります

国家試験の合格率は7~8割で、新卒者の方が、圧倒的に合格率が高いようです。

 

レントゲン検査をする仕事して知られていますが、他にもCT検査やMRI検査なども行います。

また、がんの放射線治療も、医師以外では放射線技師の資格を持っていないと行えません。

男性が多いですが、乳がんを調べるマンモグラフィ検査も資格が必要なため、女性の放射線技師も増えてきています。

 

高校は普通科へ行き、理系コースへ進むのがいいかと思います。

受験は多くの場合、専門学校を希望する場合でも、数学は必須のところが多いです。

また資格を取得できる学校がそれほど多いわけではないので、下宿する可能性も大いにあります。

機械を使ってする仕事なので、機械に疎い人や、そもそも興味のない人には、あまり向かないかもしれません。

大学を目指す場合も、基本的に放射線技師をめざすための大学なので、高校の時点で意志をはっきりしておく必要があります

病院での実習があったり、そもそも資格をとらなければいけないという明確な目的があるため、大学生活は忙しいようです。

 

資格取得後、多くは、病院に就職し、放射線を使った検査の分野を担当します。

他には検査センターや、原子力発電所で働く人もいます。

医療系の派遣会社に登録し、フリーで働く人も増えているようです。技術を評価されれば、高収入も目指せます。

一方、不足気味といわれてきた職種ですが、学校なども整ってきて、資格取得者が増加するとも考えられています。

高度医療機器を扱う仕事で、その機器は常に進化しています。その進化に対応できるよう、常に学ぶ姿勢が必要です。

医師ではありませんが、機械を操作できればいいだけではなく、診断ができるくらいの人材が求められています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

電力会社で中学生が働くには


電力会社

電力会社

 

「~電力」と呼ばれる会社で働くことです。

全国に10社あります。

 

 

電力会社で働くには、「~電力」と呼ばれる会社に就職します。

大きく分けると事務職と技術職に分かれ、基本的に資格は必要ありませんが、一部技術職では学科を指定されます。

また技術職の場合は、資格を持っていると採用の際、評価対象となる資格はあるようです。

 

会社の規模も大きく、仕事の種類も営業・広報・人事・配電・電子通信・土木建築などたくさんあります。

ただし入社当初は、発電所などで保守の仕事、いわゆる「現場」での仕事を経験する場合が多いようです。

また2016年の電気自由化により、電気の販売は「~電力」と呼ばれる会社でなくてもできるようになりました。

よって、電気の販売にかかわりたいなら、必ずしも「~電力」に就職しなくても、仕事とすることはできます。

 

事務職希望の場合は、学部・学科は問われないので、自分の学力に応じた高校に進むのがいいかと思います。

高校からの就職も応募があるようですが、その場合は過去その高校から電力会社への就職があるか調べておく必要があります。

技術職を希望する場合は、普通科の高校で理系の大学を目指すか、工業系の高校から指定校推薦を目指すのがいいかと思います。

基本的には大学で学んだことを活かせる部署で、働くことになります。

 

会社の規模も大きいことから、給与面では比較的恵まれており、独占に近いような業界で、安定感のある職種と言えます。

基本、土日休みで、朝から夕方まで働くというペースで仕事ができます。

一部の配属先では、緊急時の対応などで不規則な勤務状況になる場合もあるので、職種によっては事前に調べておきたいです。

ただし電力自由化や原発の問題などにより、かつてほどの安定感はなくなったとも考えられています。

実際、赤字の電力会社もあります。安定感というだけで、選べる職種ではなくなってきてもいます。

このように、今最も変化している業界のひとつなので、自ら切り開く意識を持ちたいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加