カテゴリー: 社会


『解体新書』をわかりやすくー前野良沢・杉田玄白・ターヘル・アナトミア


解体新書

 

かいたいしんしょ

江戸時代

1774年刊

 

解体新書』とは、ドイツ人医師クルムスが書いた『解剖図譜』のオランダ語訳『ターヘル=アナトミア』を翻訳したものです。

医学書としての功績だけでなく、日本最初の本格的翻訳書としても価値のあるものでした。

罪人の解剖を見学した前野良沢杉田玄白が、『ターヘル=アナトミア』の正確さを目の当たりにしたのが始まりです。

なおこのとき杉田玄白はオランダ語が読めず、前野良沢が少しのオランダ語の知識がある程度から、翻訳が始まりました。

挿絵(さしえ)はエレキテルで知られる平賀源内の紹介により、秋田藩の武士で画家の小田野直武が描いています。

 

『解体新書』と言うと、その後『蘭学事始』で『解体新書』の翻訳について書いた杉田玄白のイメージが強いかもしれません。

ただ実際の翻訳の中心は多少のオランダ語の知識もあったことから、前野良沢によって行われたと考えられています。

しかし前野良沢は『解体新書』の翻訳の精度に納得できず、著者の名前の中に自らの名前を入れませんでした。

よって『解体新書』が世に出た時は、前野良沢が翻訳に関わっていたという事実は知られていませんでした。

 

翻訳の際に使われた「神経」「動脈」「十二指腸」などの言葉は現在でも使われています。

また前野良沢・杉田玄白の弟子である大槻玄沢(おおつきげんたく)は、江戸で芝蘭堂(しらんどう)という塾を開いています。

他にも蘭学の入門書『蘭学階悌(らんがくかいてい』を書いたり、新元会(オランダ正月)を開催したことでも知られています。

ちなみに玄沢という名前は、杉田玄白・前野良沢の名前から一次ずつ取ったとされています。

さらにその弟子には、最初の蘭日辞書『ハルマ和解』を作った稲村三伯(いなむらさんぱく)がいます。

 

このように『解体新書』は、のちの医学・蘭学の発展に大きな影響を与えた作品となりました。

上記に書いたことは2018年のNHK正月時代劇でドラマ化もされています。

ここに書いた人物だけでなく、他に田沼の政治で知られる当時の老中・田沼意次(おきつぐ)も登場します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい人物一覧④


歴史で中学生が太字ではないけど知っておきたい人物一覧④

 

明治時代~昭和時代

※青字はクリックすると、別ページに詳しい説明があります。

 

 

田中正造  1841~1913 栃木県県会議員・議長・衆議院議員。足尾銅山鉱毒事件の解決を行う。天皇に直訴もしている。

岡倉天心  1862~1913 フェノロサとともに東京美術学校を設立。校長辞任後、美術団体・日本美術院を創立。

狩野芳崖  1828~1888 日本画家。岡倉天心・フェノロサに認められるが、東京美術学校開校前に死去。『悲母観音』。

高村光雲  1852~1934 彫刻家。仏像彫刻師・高村東雲の弟子。東京美術学校教授・『老猿』でシカゴ万国博覧会優賞。

萩原守衛  1879~1910 彫刻家。日本の近代彫刻の開拓者。ロダンに学ぶ。代表作は日本女性のブロンズ像『女』。

滝廉太郎  1879~1903 作曲家。ドイツに留学し、帰国後亡くなった。『荒城の月』『花』『箱根八里』。

二葉亭四迷 1864~1909 小説家。名前は「くたばってしまえ」から。言文一致体のさきがけ。ロシア文学を翻訳。『浮雲』。

与謝野晶子 1878~1942 歌人。日露戦争を批判した詩で知られる。夫は『明星』を創刊した与謝野鉄幹。『みだれ髪』。

北里柴三郎 1852~1932 細菌学者。破傷風菌の純粋培養に成功。伝染病研究所(のちの北里研究所)を設立。

寺内正毅  1852~1919 陸軍大将・元帥・朝鮮総督を経て首相となる。非立憲的藩閥政治を行い、米騒動で総辞職する。

原敬    1856~1921 立憲政友会総裁。首相として最初の政党内閣を組閣。平民宰相と呼ばれる。東京駅で刺殺。

吉野作造  1878~1933 東大教授。政治学者。黎明会のメンバー。新人会を指導。民本主義を主張する。

美濃部達吉 1873~1948 東大教授。貴族院議員。天皇機関説を唱えるが、非難され政治問題化(天皇機関説事件)。

加藤高明  1860~1926 二十一カ条の要求のとき外相。護憲三派内閣の首相。普通選挙法・治安維持法を制定する。

西田幾多郎 1870~1945 哲学者。西欧の哲学に東洋思想を加味した「西田哲学」を完成させる。『善の研究』。

柳宗悦   1889~1961 民芸運動の先駆者。民芸的工芸に注目し、陶磁器を再評価。朝鮮の芸術にも理解を深める。

志賀直哉  1883~1971 人道主義・個人主義を尊重した白樺派の一人。『暗夜行路』『城の崎にて』。

谷崎潤一郎 1886~1965 芸術至上主義を主張した耽美派の一人。谷崎文学を完成。『刺青』『痴人の愛』『細雪』。

小林多喜二 1903~1933 プロレタリア文学作家。労働運動に参加し、共産党に入党。『蟹工船(かにこうせん)』。

岸田劉生  1891~1929 洋画団体・春陽会に参加。『麗子五歳の像』『麗子像』『麗子微笑』など独自の芸域を完成。

竹久夢二  1884~1934 抒情画家。ロマン的女性風俗画は「夢二式美人」と呼ばれた。『黒船屋』。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加