カテゴリー: 社会


大坂夏の陣をわかりやすくー江戸幕府VS豊臣軍


大坂夏の陣

 

おおさかなつのじん

江戸時代

1615年

 

大坂夏の陣は豊臣家が滅んだ戦いで、大坂冬の陣とともに大坂の陣(役)と呼ばれています。

豊臣軍の浪人たちに不穏な動きがあったため、幕府は豊臣家に浪人の解雇か、豊臣家の支配地の変更を要求しました。

しかし豊臣家はこれを拒否、徳川家康は再度大坂を攻めるよう、命じます。

豊臣軍は、大阪城をすでに去っていたものもいたため、数は約8万人に減少していました。

そして大阪冬の陣の和議により、堀は埋められていたため、豊臣軍は大阪城を出て戦わざるを得ない状況でした。

 

道明寺の戦いで後藤基次(又兵衛)・毛利勝永・真田信繁(幸村)らが幕府軍を迎え撃ちます。

しかし後藤軍は単独で幕府軍と戦うこととなり、後藤基次は大軍相手に善戦しますが、この戦いで討ち死にしました。

そして豊臣軍は天王寺・岡山の戦いで最後の決戦に挑みます。

毛利勝永・真田信繁(幸村)の活躍で、徳川家康は本陣を突撃されます。

毛利軍・真田軍は家康を追い詰めるところまでせまったとまで言われていますが、真田信繁はこの戦いで死亡しています。

豊臣軍は豊臣秀頼自らが出馬することにより、軍の士気を高めようとしますが、すでに豊臣軍は撃退されていました。

 

徳川軍は堀の埋められた大阪城にぞくぞくと入っていきました。

大阪城は裏切り者などにより、火をつけられ落城、豊臣秀頼は母・淀君(よどぎみ)とともに自害しました。

秀頼には子がいましたが、男の子は捕まり処刑、女の子は尼になることで許されています。

五人衆の毛利勝永は秀頼を介錯後自害、長宗我部盛親はのちに捕らえられ処刑、明石全登の消息はわかっていません。

 

のちに江戸幕府は大阪城に跡地に新たな大阪城を造り、西国支配の拠点のひとつとしています。

よって今の大阪城は豊臣家のものではなく、徳川家の作ったものとなります。

この戦いの終了で、戦国以来の戦乱が終わり、平和が訪れました。これを元和偃武(げんなえんぶ)といいます。

 

スポンサーリンク


 

 

 

大坂冬の陣をわかりやすくー徳川家康VS豊臣秀頼・真田幸村


大阪冬の陣

 

おおさかふゆのじん

江戸時代

1614年

 

大坂冬の陣は、豊臣家が江戸幕府と戦った戦いで、のちの大坂夏の陣とともに、大坂の陣(役)と呼ばれています。

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、主君であった豊臣家を上回る力を持つようになり、江戸幕府を開きます。

徳川家と豊臣家の関係は、加藤清正豊臣秀吉直属の武将や、前田利長が生きている間は、何とか保たれていました。

しかし彼らが相次いで亡くなったことにより、両者の関係は悪化していきました。

 

このような中、秀吉の子・豊臣秀頼は、秀吉の建てた方広寺を再建、その鐘に「国家安康」「君臣豊楽」と刻みます。

これを江戸幕府は家康の名前が切られていると、文句を言い、この方広寺鐘銘問題をきっかけに戦争へと発展していきます。

 

豊臣家は、かつて豊臣家と関係の深かった大名に声を掛けますが、だれも味方しようとはしませんでした。

集まったのは徳川家によって取り潰され恨みを持っていたり、この戦いで名を上げようとする浪人たちでした。

主力は明石全登、後藤基次(又兵衛)、真田信繫(幸村)、長宗我部盛親、毛利勝永のいわゆる五人衆でした。

大名ではありませんでしたが、みな戦争で名を知られた勇将たちで大阪城の士気も上がります。

豊臣軍は約10万人の浪人が籠城(ろうじょう)、これを徳川軍は約20万の軍で包囲、徳川家康・秀忠親子も出陣しています。

 

豊臣軍は真田信繁(幸村)が真田丸で徳川軍を撃退するなど、善戦します。

真田信繁(幸村)の大坂夏の陣での戦いは、のちに語り継がれ、真田幸村は戦国最強の武将とも言われました。

そして互いに兵糧不足などになり、和議の方向に話は進んでいきますが、お互い折り合いがつきませんでした。

徳川家康は大阪城へ大砲による一斉攻撃を開始、これによって疲弊した豊臣軍は和議を受け入れます。

豊臣秀頼の身の安全と豊臣家の本領安堵と引き換えに、豊臣軍側は大阪城の堀を埋めることとなりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加