カテゴリー: 高校卒業後就職を目指す職業


医療事務に中学生がなるには


医療事務

医療事務に中学生がなるには

 

病院の受付や、

事務・経理を行う仕事です。

 

 

医療事務になるために、資格は必要ありません。ただし、民間の資格は多数存在し、持っていたほうが就職に有利です。

多くは女性ですが、男性もいます。正社員だけでなく、派遣社員、パート、アルバイトも多いです。

 

受付窓口の仕事は、病院に行ったことがある人ならある程度想像できるかと思います。

他に医療事務独自の仕事として、診療報酬(しんりょうほうしゅう)を計算する仕事があります。レセプトと呼ばれます。

簡単に言うと、どれだけ患者さんが医療費を払い、病院にどれだけ診療費が入るかを計算する仕事です。

カルテに書かれていることを理解する必要があります。

 

病院に関わる仕事ですが、国家資格が存在しないため、基本的に学歴は問われないようです。

ただ専門的な知識を必要とする事務なので、専門学校に進む人も多いです。通信教育も充実している職業です。

大きい病院になると、大学卒のみ採用するところもあるようです。学部関係なく、なる人も多いようです。

よって、高校は好きなところでいいかと思います。

大学に進学する予定がなければ、専門学科の方が学べることが多いかもしれません。

専門学科の場合、行きたい高校に医療系の専門学校への実績があるかは調べておきたいです。

昔のように紙にカルテを書かない医師も増えてきているので、パソコンの使い方が学べる学科もおすすめです。

接客や電話応対も必要となるので、ビジネスマナーも学んでおくといいかと思います。

 

学歴は問われないものの、専門知識がないとできないため、医療事務は特に女性に人気の職業です。

ただ結婚、出産などで入れ替わりも激しく高齢化社会なので需要もあり、ブランクができても長く働ける職業でもあるようです。

あくまで事務が仕事ですが、相手は病気を持った患者さんになるので、その点気をつけて仕事をする必要があります。

他の事務仕事と違い、病院で働く関係で、服装や髪型などは決まりがある場合が多いです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

学校事務職員に中学生がなるには


学校事務職員

学校事務職員

 

小学校、中学校、高校、大学などで、

事務や管理をする仕事です。

 

 

学校事務職員になるには、公立なら地方公務員の採用試験を、私立なら各学校の採用試験に合格する必要があります。

公立の場合は、学校の先生と同じように、異動があります。私立は基本的には、ずっと同じ学校で働きます。

資格は必要ありません。男女ともにいますが、女性が比較的多い職種です。

 

特に学生なら、学校事務職員の存在はよく知っているかと思います。

ただ実際どんな仕事をしているかというと、知らない人も多いかと思います。

学校によって異なりますが、通常は、備品や施設の管理、証明書の発行、お金の管理などをしています。

先生たちと協力しながら、学校説明会や入学試験の準備をしたりなどもします。

学校の大きさによっても異なり、中学校など、1人しか学校事務職員がいないところもあります。

一方、大学などは多くの職員が専用の建物で働き、細かく仕事が分かれている場合が多いです。

 

受験資格は、高校卒業以上を対象にした場合が多いようです。大学卒の方が、やや選択肢が広がるようです。

よって、高校は好きなところでいいかと思います。

書類の作成にパソコンが使える必要があったり、ビジネスマナーも必要なので、商業科などを選択してもいいかと思います。

普通科に行った場合も、文系・理系好きなコースで構いません。特に有利となるような学部・学科はありません。

地元の私立大学の職員などになりたい場合は、その大学を目指すのもいいかと思います。

 

学校事務職員は、それほど採用数が多い職種ではありません。

その年や地域によっても違いますが、倍率は10倍を超えることもあり、比較的人気の高い職種です。

また基本的に学歴は問わない職業ですが、働くところが学校である以上、ただ事務仕事をしていればいいわけではありません。

子どもや保護者に対応する能力や、学校に対する知識が求められます。学校が嫌いでは、なかなか務まらないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加