カテゴリー: ガンダムの歴史ー人物編


ギレン・ザビをわかりやすくージオン公国総帥・大将


ギレン・ザビ

 

ジオン公国

 

 

ギレン・ザビは、ジオン公国公王・デギン・ザビの長男で、総帥・大将として事実上の最高指導者の立場にあった人物です。

若いころは、父デギンと共にジオン・ダイクンの思想に同調し、その革命運動の中心となって活躍しています。

IQ240の天才で『優性人類生存説』を発表、また、日本文化に興味があり、囲碁や庭園を趣味としていたと言われています。

ジオン死後、デギンが公王となりジオン公国を建国しますが、デギンは隠居状態となったため、政治的最高指導者となりました。

 

しだいにスペースノイドであるジオン国民こそが、最も優れた人種であるという考え(選民思想)を持つようになります。

この選民思想のもと、他のスペースコロニーに対する毒ガス攻撃や、コロニー落としを実行していきました。

父デギンとも考え方に違いが生まれるようになり、軽蔑するようになっていきます。

演説を得意とし、デギンからは同様に演説を得意とした「ヒットラーのしっぽ」と評され、その行動を危惧されました。

弟のガルマが亡くなった際には、デギンに反対して国葬を行い、そこでの演説は地球全土に放送されました。

ア・バオア・クーでの戦いの前にも、連邦軍に対し「あえて言おう、カスであると!」と演説しています。

 

デギンが、連邦軍との和平交渉に独断で動いた際、デギンを連邦軍レビル将軍とともにソーラ・レイにより殺害しています。

このことを妹のキシリアが知ることとなり、キシリアはギレンに射殺されました。

ギレンの死により、ジオン軍は指揮系統が停止し、ジオン軍は敗戦へと向かっていきました。

 

ギレン死後も、ジオン軍のカリスマとして、その考えを信奉する人たちは存在し続けました。

ギレンの思想は、エギーユ・デラーズデラーズ・フリートジャミトフティターンズにも影響を与えています。

またネオ・ジオングレミー・トトは、ザビ家の正統な後継者として、ギレンの子であると自称したとも言われています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

デギン・ザビをわかりやすくージオン公国公王・ギレン,キシリア,ドズル,ガルマの父


デギン・ソド・ザビ

 

ジオン公国

 

 

デギン・ソド・ザビは、ジオン・ズム・ダイクンともにサイド3独立を果たした人物で、ジオン公国の公王です。

ジオン共和国ができた際には、国防大臣となり、国の軍事力強化に努めています。

のちに首相となったジオンと対立し、ジオン共和国は「ダイクン派」と「ザビ派」に分裂します。

その後、ジオンが急死したため、2代目の首相に就任しています。しかし国名まで変えることはできませんでした。

ジオンの死は、デギンによる暗殺説が有力ですが、詳しくはわかっていません。

 

デギンは首相就任後、ただちにジンバ・ラルらダイクン派を粛清、自ら公王となり、ジオン共和国はジオン公国となりました。

そしてジオン公国は独立を求め、地球連邦に対し宣戦布告、一年戦争と呼ばれるジオン独立戦争が始まります。

ただしデギンにとってこの戦争の目的は、あくまで地球連邦と対等な立場で、独立を認めさせるためのものでした。

そしてデギンは、子であるギレンキシリアドズルに全権を譲り、政治にはあまり関わらないようになっていきます。

 

実権は長男であるギレンが握るようになり、ギレンとの間に考え方の違いが生まれ、対立するようになっていきました。

ギレンは一年戦争によって、地球連邦を倒し、地球圏全体の支配をジオンを中心と行おうと考えました。

また最後の子であり、デギンが溺愛したガルマが戦死した際も、デギンは密葬にしようとしました。

しかしギレンは国葬を行い、ガルマの死を政治的に利用したことから、その関係はさらに悪化していきました。

 

ギレンを「ヒットラーのしっぽ」と評しその危険性を感じ、戦況も悪化したことから、デギンは連邦との講和を図ろうとします。

そして自らの船であるグレート・デギンに乗り込み、そのときの連邦軍総司令官・レビルとの和平交渉に向かいます。

このときギレンは、グレート・デギンの存在を知りながら、超大口径レーザー兵器「ソーラ・レイ」を発射します。

デギンとレビルはソーラ・レイの直撃を受け、ともに亡くなりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加