カテゴリー: 歴史で知っておきたい戦争


前九年合戦をわかりやすくー源頼義・清原氏VS安倍氏


前九年合戦

前九年合戦

 

ぜんくねんかっせん

平安時代

1051年~1062年

 

教科書では、東北地方の武士どうしの争いをきっかけにした大きな戦乱のひとつとして、書かれています。

前九年合戦は、『保元物語』『源平盛衰記』『太平記』などに出てくる名称・前九年の役でも知られています。

前九年とありますが、合戦は9年ではありません。源頼義の参加から9年だからとも言われていますが、定かではありません。

 

当時、陸奥においては、有力豪族で俘囚の長である、安倍氏が大きな力を持っていました。

俘囚(ふしゅう)とは、蝦夷の帰順同化したものです。

そして阿部氏が朝廷への貢物をしなくなったため、陸奥守・藤原登任が安倍氏を攻めますが、敗れました。

こうして代わりに源頼義が陸奥守、鎮守府将軍となり、安倍氏の長・安倍頼時(よりとき)と関係を回復させました。

 

しかし、源頼義の部下が、安倍頼時の子・安倍貞仁の夜討ちにあったという情報が流れ、関係は再び悪化しました。

こうして合戦となり、頼時は鳥海柵で戦死、その後、源頼義とその子・源義家は頼時の跡を継いだ安倍貞仁に敗れています。

これに対し、源頼義は東北の豪族・清原氏の助けを借りることで、立場を優位にしました。

その後は、源頼義側が優勢のまま、前九年合戦は終了、安倍氏は滅亡しました。

 

前九年合戦における源頼義・義家親子の活躍は、源氏が東国で勢力を確立するきっかけとなりました。

またのちには、その一族である源頼朝足利尊氏が征夷大将軍となり、それぞれ鎌倉幕府、室町幕府を開いています。

彼らが征夷大将軍になったのは、源頼義・義家が俘囚の長である安倍氏を討ったこの前九年合戦からきています。

また、前九年合戦の活躍により、清原氏は鎮守府将軍となり、奥羽で大きな力を持つようになります。

安倍頼時の娘は、清原氏にその子どもとともに引き取られ、清原氏の清原武貞と再婚しています。

このとき引き取られた子が、後の藤原清衡(きよひら)で、平泉を拠点に奥州藤原三代の栄華を開きます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

壬申の乱をわかりやすくー大海人皇子VS大友皇子


壬申の乱

壬申の乱

 

じんしんのらん

671年

飛鳥時代

 

教科書には、天智天皇の没後、天武天皇が大友皇子とあとつぎをめぐった戦いとあります。

壬申の乱の主人公・天武天皇はそのときは大海人皇子といい、天智天皇の弟として、その政治を支えてきました。

もう一人の主人公・大友皇子は、天智天皇の皇子で、のちに弘文天皇という名を贈られています。

壬申の乱の名称は、十干十二支(干支・えと)からきており、壬申とは「みずのえさる」になります。

 

天智天皇(元・中大兄皇子)の次の天皇は、当初、弟である大海人皇子でした。

しかし、天智天皇は息子である大友皇子を太政大臣とし、大海人皇子の仕事を奪い、大海人皇子は立場を追われました。

このことが壬申の乱につながっていきますが、なぜ天智天皇がこのようなことをしたのかはわかっていません。

単に自分の子供を後継ぎにしたくなったと考えるのが、一番妥当かもしれません。

一方、大海人皇子は天智天皇の政治方針をよく思っておらず、その対立がこのような状況を生んだとも考えられています。

天智天皇によばれた大海人皇子は、大友皇子が皇太子になることをすすめ、自らは出家を申し出て、吉野に移りました。

 

その後、天智天皇が亡くなると、大海人皇子は挙兵し、東国から兵を集め、大友皇子がいた近江を攻めました。

このとき大海人皇子は、多くの味方をつけています。

これは天智天皇の白村江の戦いの大敗に対する対策に反対していた派閥が存在し、この派閥が味方したとも言われています。

また大友皇子は身分の低い側室の子でした。

それに対し、天智天皇と同じ父母を持つ大海人皇子の方が、皇室の血筋として評価が高かったとも言われています。

 

当初、大海人皇子側が苦戦する場面もありましたが、それ以後は大海人皇子側が勝ち続けます。

そして瀬田橋の戦いでの大海人皇子側の大勝により、大友皇子は自害、のちに壬申の乱と呼ばれる戦いは収束しました。

なお、日本史で反乱によって皇位が変わったのは、この壬申の乱が最後になります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加