カテゴリー: 歴史で太字ではないけど知っておきたい人物


原敬をわかりやすくー平民宰相・政党内閣・選挙法改正


原敬

原敬

 

はらたかし

(はらけいと呼ばれることも)

1856年~1921年

教科書では、本格的な政党内閣を組織し、選挙法を改正した人物として、登場します。

 

原敬は、当初、新聞社に勤めていましたが、のちに退社、その後政党の機関紙を書くようになり、政界とのつながりができます。

そして外務省に採用され、外務大臣・陸奥宗光(むつむねみつ)の引き立てにより、外務次官となっています。

しかし、第2次松方内閣大隈重信が外相となると、外務省を辞めています。

原敬は大隈重信の考えとは合わず、最初の新聞社を辞めたのも、大隈派が新聞社に入ってきたためといわれています。

 

その後、原敬は大阪毎日新聞社に入社、翌年には社長となっています。

大隈重信がライバル視している存在でもある伊藤博文が、立憲政友会を組織すると、原はこれに誘われ、幹事長となりました。

そして立憲政友会の中心人物となり、伊藤博文、西園寺公望(きんもち)のあと、第3代立憲政友会総裁となっています。

 

米騒動で、寺内内閣が総辞職すると、原敬は、内閣総理大臣となり、原内閣が組閣されました。

原敬は、日本で初めて華族ではない首相であり、軍部・外務大臣以外は立憲政友会の党員で組閣された、最初の政党内閣でした。

原は、地方の利益を積極的に誘導し、政権基盤を拡大していこうとする積極政策をとっていきます。

教育の改善・交通通信の整備・産業および通商貿易の振興・国防の充実という四大政綱(せいこう)を掲げました。

また、選挙法改正を行い、納税額10円以上が得られた選挙権を、3円以上に引き下げました。

 

一方、「平民宰相(さいしょう」と呼ばれ、国民から人気を得た原敬でしたが、民衆が望んだ普通選挙法には否定的でした。

実際はその強い政治力で国を動かしており、汚職事件などにより政治腐敗が進行、そのイメージとは異なるところもあります。

そして、京都で開かれる立憲政友会の大会へ向かう東京駅で、駅の職員に刺殺(暗殺)されました。

暗殺事件の現場跡は、現在でも印がつけられて、わかるようになっています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

寺内正毅をわかりやすくー朝鮮総督府・西原借款・米騒動


寺内正毅

寺内正毅

 

てらうちまさたけ

1852年~1919年

 

 

教科書では、藩閥の寺内正毅内閣が米騒動によって、退陣したと出てきます。

寺内正毅は、長州出身で幕末には、高杉晋作の奇兵隊にも参加しています。

西郷隆盛がおこした西南戦争では、前線での戦いを志願し負傷、これによって右手は動かなくなってしまいました。

日清戦争では、兵站の最高責任者、義和団事件でも、現地で活躍しました。

 

陸軍大将の桂太郎が組閣した桂内閣(第一次)では、陸軍大臣となりました。

その後の西園寺内閣(第一次)桂内閣(第二次)でも陸相を務め、日清・日露戦争での功績から陸軍大将、元帥となりました。

韓国併合後、朝鮮を統治する機関として設置された朝鮮総督府の初代総督となり、日本の全権を担うこととなります。

そして朝鮮総督としての功績により、1916年内閣総理大臣となり、寺内内閣を組閣しました。

 

しかし寺内内閣は、非立憲的な藩閥政治を行い非難されます。

寺内がビリケン像(通天閣のが有名)に似ていたことから「ビリケン(非立憲)内閣」「ビリケン宰相」とも言われました。

また中国の軍閥政治家・段祺瑞(だんきずい)を支持し、西原亀三を派遣し多くの資金を貸しています。

これは西原借款(にしはらしゃっかん)と呼ばれ、中国の内乱を助長するものとして、内外から非難をあびました。

石井菊次郎はアメリカと協定し、アメリカは中国における日本の「特殊権益」、日本は中国の「門戸開放」を承認しました。

これは石井・ランシング協定といわれ、列国の利権獲得を排除しようとする主張の根拠となりました。

そしてシベリア出兵を行い、これによって米騒動が起き、その責任を取って寺内内閣は総辞職しました。

 

なお、寺内正毅の父は宇多田正輔といい、3男だった寺内正毅は母方の寺内家を継いだため、寺内といいます。

この宇多田家の子孫が、ミュージシャンの宇多田ヒカルにあたります。

よって、寺内正毅と宇多田ヒカルは遠い親戚関係にあると言われています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加