カテゴリー: 覚えておきたいテーマ別歴史


歴史で中学生が覚えておきたい徳川将軍一覧


徳川将軍

 

家康以外は名前をクリックすると説明文に移動します。

教科書で太字の人物は同様に太字にしてあります。

 

 

 

徳川幕府は15代まで続きます。

中学では全員の名前を覚える必要はないかと思いますが、以下の8名は教科書本文の中にも登場します。

ただ、家康以外の将軍は何をした将軍か、教科書だけではわからないところもあるので、少し掘り下げて紹介していきます。

 

歴史で中学生が覚えておきたい徳川将軍

 

初代    徳川家康 豊臣秀吉時代は、五大老の筆頭。秀吉死後、1600年に関ケ原の戦いで石田三成に勝利し、江戸幕府を開く。

           その後二度にわたる大阪の陣で豊臣氏を滅ぼし江戸幕府を強化、武家諸法度という法律を定める。

第2代  徳川秀忠 家康の三男。江戸幕府ができてわずか2年で家康より将軍職を譲られる。禁教令を強化し、多くの

           キリスト教徒を処刑する。大名統制も強化、弟3人を尾張、紀伊、水戸に置き徳川御三家を作る。

第3代  徳川家光 家康の孫で秀忠の長男。参勤交代の制度を定める。朱印船貿易を停止し、日本人の出国、帰国を禁止する。

           長崎に出島を築き、他国と日本人との交流を絶つ。江戸幕府が長く続いたのは家光の功績が大きい。   

第5代  徳川綱吉 家光の四男。朱子学をすすめる。湯島聖堂を建て、新井白石らの学者を輩出する。極端な動物愛護政策、

           生類憐みの令を出す。このころの経済力を持った町人を担い手とする文化を元禄文化という。

第8代  徳川吉宗 御三家紀伊藩出身。武士に質素・倹約を命じ、上米の制を定める。公事方御定書という裁判の基準となる

           法律を定め、庶民の意見を聞くため目安箱を設置する。これら吉宗の行った改革を享保の改革という。

第11代   徳川家斉 御三卿一橋家出身。田沼意次の代わりに松平定信を任命、寛政の改革を行わせる。家斉の時期の庶民

           を担い手にした文化を化政文化という。江戸城に力士を呼び観戦したことで、相撲が人気になる。

第14代   徳川家茂 御三家紀伊藩出身。家斉の孫。大老井伊直弼に推され、13歳で将軍になる。幕府と朝廷の結びつきを

           強めるため、天皇の妹を夫人にする。第二次長州征伐のとき、21歳で死去。これを理由に停戦となる。

第15代   徳川慶喜 御三家水戸藩出身。大政奉還を行う。幕府に代わる新政権で主導権を握ろうとするが失敗。鳥羽・伏見

           の戦いで旧幕府軍が敗れたため、朝廷に従い静岡で謹慎。明治時代には貴族院議員に就任している。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク








プロフィール

管理者:DN

愛知県豊橋市三本木町の某個別指導塾・塾長です。

愛知県田原市生まれ、豊橋市育ち。

文学部史学科卒のため、歴史ネタが多くなります。

主に小中学生に指導もしています。

東三河の方で、教室に興味のある方はこちらのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。塾ではない形で指導を希望される方も、一度ご相談ください。あなたから新しい指導の形が見つかるかもしれません。

 

友だち追加